フィスカーの新型車のティーザースケッチ

4月4日、米国で開幕するニューヨークモーターショー12。プラグインハイブリッドスポーツカー、『カルマ』で知られる米国のフィスカーオートモーティブは、同ショーにおいて謎の新型車を初公開する。

これは21日、フィスカーオートモーティブが明らかにしたもの。ニューヨークモーターショー12において、ワールドプレミアする新型車のティーザースケッチが公表されたのだ。

現時点で同社は、この新型車に関する情報を一切開示していない。しかし同社は、コードネーム「プロジェクト・ニーナ」と呼ばれる新型車を2013年、世界市場へ投入すると公表済み。ティーザースケッチは、これを示唆した1台の可能性が高い。

プロジェクト・ニーナでは、BMWからエンジンの供給を受けることにも注目したい。フィスカーオートモーティブは2011年9月、BMWとの間でBMW製の直列4気筒ガソリンターボエンジンを年間最大10万ユニット購入する契約を締結している。