工場建設予定地

信越化学工業は、中国福建省にレアアースマグネットの中間原料であるマグネット用合金を製造する新会社を新設したと発表した。

レアアース資源の豊富な中国では、政府がレアアースの輸出を規制していることから、信越化学工業は中国現地に生産拠点を設けることにした。

新会社は「信越(長汀)科技」で信越化学が100%出資して設立した。投資額は15億円で、生産能力は年産3000t。2013年1月から操業開始する予定。レアアースマグネットの中間原料となるレアアース鉄ボロン合金を製造する。

レアアースマグネットは、ハイブリッド車のモーターに必要な素材で、今後さらに電気自動車や風力発電など、省エネ関連で需要の伸びが見込まれる。

工場建設予定地 アイコン