アウディR8LMS《撮影 内田俊一》

22日、アウディジャパンは2012年のアウディのモータースポーツ活動計画を発表した。

そもそもアウディとモータースポーツとの関係はどのようなものか。同社代表取締役社長の大喜多寛氏は、アウディの歴史を振り返る。「“Vorsprung durch Technil”日本語で技術による先進。アウディはホルヒが101年前に“最高の素材で最高の技術、その2つを併せ持って最高のクルマを造る”ということで会社を興しました。その後、1912年にアルペンラリーでアウディが優勝しているのです。つまり100年前にはもうアウディはこのようなレースに参加をしているのです」とし、「レースと実際の市販車との関係を、“レースは技術の実験場”ととらえているのです」と話す。

またアウディは、「技術による先進をブランドのコアとしてとらえており、常に新しいことにチャレンジしていくということが、ポリシーとなっています」ともいう。

具体的には、アウディ『クワトロ』ではラリーでの経験やそこで得られた4輪駆動の技術を、初めて市販車に適用した。また、ル・マンでガソリンの直噴技術や、同じくル・マンで初めてディーゼルエンジンで優勝した技術を市販車に投入しており、まさしくレースは技術の実験場だといえる。

今年、アウディジャパンがカスタマーレーシングとしてサポートするアウディ『R8LMS』も「55%が市販車の『R8』の部品をそのまま使っています。このようにレースで実際の市販車とレーシングの過酷な戦いで得た技術を常にフィードバックしていることをやり続けているのです」と語った。

アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏とレーシングドライバーのシンディ・アレマン氏《撮影 内田俊一》