財務省が発表した2月の貿易統計速報によると自動車などの輸出が好調で、貿易収支は329億円と5か月ぶりに黒字となった。

輸出は鉄鋼や鉱物性燃料、プラスチックなどが大幅に減少したものの、自動車が7.4%増となった。

輸入は火力発電所などの燃料増加による液化天然ガス、原粗油が大幅に増加、通信機も伸びた。

地域別では米国との貿易収支は、輸出から輸入を差し引いた貿易黒字が4771億円となった。自動車や鉄鋼、建設用・鉱山用機械の輸出が増加した。

EU向けも847億円の黒字となった。自動車や鉱物性燃料の輸出は落ち込んだが、船舶が伸びた。輸入は自動車、通信機が増加した。

アジアは6772億円の黒字だった。輸出は鉄鋼、プラスチック、鉱物性燃料が増えた。