アウディR8 GTスパイダー

アウディジャパンは22日、高性能スポーツカー、アウディ『R8スパイダー』の限定生産バージョン『R8 GTスパイダー』を発表、4月下旬より全国のアウディR8取扱い店で発売する。

アウディR8 GTスパイダーは、世界で333台のみが製造され、日本には10台を投入。インテリア、エクステリア、テクノロジーの全方位で徹底的に重量を削減。フロントスポイラー、カナード、固定式の大型リアスポイラー、ドアミラーなど、ボディパーツにカーボンを多用することで、標準モデルのR8スパイダーよりも約85kgの軽量化を実現している。

パワーユニットは改良型5.2リットルV10「FSI」エンジンを搭載。標準モデルに比べて、最高出力は35psアップされ、560psのパワーを発生。シーケンシャルMTの6速Rトロニックとの組み合わせで、0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は317km/hを記録する。

インテリアは、バケットシート、ウインドスクリーンフレーム、ステアリング、ハンドブレーキレバーにアルカンターラ素材を使用。高級感に富んだ室内空間を作り出している。また、ステアリング、メーター、シート、フロアマット、サイドシルなどにはGT専用のエンブレムが、シフトノブには限定モデルの証としてシリアルナンバーが配されている。

価格は3064万円。

アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー アウディR8 GTスパイダー(3月22日、日本発表会)《撮影 瓜生洋明》 アウディR8 GTスパイダー(3月22日、日本発表会)《撮影 瓜生洋明》