2011年12月、共同開発研究に同意。

帝人は、熱可塑性樹脂を使用した炭素繊維複合材料(CFRP)を自動車構造材として用途開発を推進するとともに、業務提携したゼネラルモーターズ(GM)との共同開発を本格化するための研究開発センターを米国に新設する。

同社は昨年12月、CFRPによるコンポジット製品の米国での事業化を加速するため、マーケティングと用途開発を担う子会社「テイジン・アドバンスド・コンポジット・アメリカ(TACA)」を設立した。今回、4月1日付けでTACAの内部に「テイジン・コンポジット・アプリケーション・センター(TCAC)」を開設する。

TCACは、米国でのCFRPの自動車用途開発活動を展開していくとともに、GMと自動車向けCFRPの共同開発にも取り組む。

帝人では今後、複合材料開発センター(御殿場)を研究開発の中核としながら、松山事業所内に建設中の熱可塑性CFRPの連続生産パイロットプラントや、TCACを有機的に連携させていくことでグローバル市場で自動車メーカー各社との取り組みを加速させる。また、自動車分野以外でのCFRP市場を開拓していく。

帝人は、今後急成長が予想される自動車用途、一般産業用途でCFRPのマーケット開拓を強力に推進し、早期にコンポジット製品事業を本格展開していく。2020年ごろには1500億〜2000億円の事業規模を目指す。