EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12)

スイスで開催されたジュネーブモーターショー12。ドイツのEDAGグループのブースでは、EVコンセプトカーのEDAG『ライトカー シェアリング』が目を引いた。

EDAGグループは1969年、ドイツに設立。世界21か国で、自動車関係のエンジニアリングサービスを提供し、自動車メーカーの新車開発を支援している企業だ。

ライトカー シェアリングは例年、ジュネーブモーターショーに出品してきたコンセプトカー、「ライトカー」シリーズの第3作目。今回は、都市部でのカーシェアリング利用を想定したEVを提案する。

ライトカーの名前の由来は、車自体が発光し、外部へのコミュニケーション手段としていること。前後バンパーやサイドドアにはLEDが埋め込まれ、赤、緑、オレンジなどで光る。乗員の数など、現在の車両の状態を分かりやすく外部に伝えるのが狙いだ。

また前後バンパーには、柔らかいジェル素材を採用。不特定多数の人が運転するカーシェアリングだから、軽微な接触で車両が傷つくリスクを減らすアイデアである。

最新のIT技術も導入されており、スマートフォン経由で車両の現在位置や予約状況などの情報を得て、最寄りの車両をレンタルするという仕組み。コンパクトボディながら、フロント3名、リアに3名の合計6名が乗車できる広い室内を備えている。

EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12) EDAG ライトカー シェアリング(ジュネーブモーターショー12)