2011モデルのランドクルーザー200

トヨタ車体は、2013年1月にスタート予定の「ダカールラリー2013」に参戦することを表明した。

市販車部門7連覇を目指して参加した2012年大会では2位に終わった同社だが、今回、王座奪還に向け、ラリー車2台体制で参戦する。

参加車両は、同社が開発・生産しているトヨタ『ランドクルーザー200』をベースとしたラリー車。昨年に引き続き、市販車ディーゼルクラスに参戦する。

現在、2013年大会の開催国は未定だが、南米での開催が予定されており、南米に舞台を移し、5回目の大会となる。

同社では、王座奪還を果たし、車両の安全性・信頼性・走破性の高さを証明したいとしている。