18日午前0時10分ごろ、東京都清瀬市内の都道で、職務質問を行うために停車したパトカーに対し、後ろから進行してきた乗用車が追突する事故が起きた。車外に出ていた警官1人がはねられ、収容先の病院で死亡している。

警視庁・東村山署によると、現場は清瀬市中清戸3丁目付近で片側1車線の直線区間。付近をパトロールしていた同署員が無灯火で走行する自転車を発見。職務質問するためにパトカーを道路左側の路肩に停車させ、30歳の巡査長が降車した直後、後ろから減速しないまま進行してきた乗用車が衝突した。

巡査長はパトカーと乗用車の間に挟まれて全身を強打。近くの病院へ収容されたが、約8時間後に死亡した。警察は乗用車を運転していた19歳の少年を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。巡査長死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

パトカーは死亡した巡査長が運転。灯火類は点灯させた状態だったとみられる。調べに対して少年は「パトカーに気がつかなかった」と供述しており、警察では前方不注視が事故の主因とみて、事故発生の経緯を詳しく調べる方針だ。