イメージ

17日午前8時ごろ、宮崎県宮崎市内の国道269号を走行中のトラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきたワゴン車と正面衝突。その後続の軽乗用車も巻き込まれ、車両3台関係の多重衝突に発展した。ワゴン車を運転していた男性が死亡している。

宮崎県警・宮崎南署によると、現場は宮崎市田野町乙付近で緩やかなカーブ。片側2車線+1車線の変則的な区間。2車線側を走行していたトラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきたワゴン車と正面衝突。ワゴン車の後ろを走行していた軽乗用車も追突した。

ワゴン車は中破。運転していた同市内に在住する54歳の男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打が原因で死亡。同乗していた2人も打撲などの軽傷を負った。トラックを運転していた同市内に在住する57歳の男性も軽傷。軽乗用車の運転者にケガはなかった。

事故当時、現場付近では雨が降っていて、路面は濡れて滑りやすい状態だった。警察ではトラックが速度超過状態で進行し、スリップしたものとみている。