カーシェアリング・ジャパン(CSJ)は21日、東急電鉄と業務提携し、東急電鉄初の定期借地権付分譲マンション「ドレッセ たまプラーザ テラス」で、入居者専用のカーシェアリングサービスを実施すると発表した。

ドレッセ たまプラーザ テラスは、たまプラーザ駅および大型商業施設「たまプラーザ テラス」とペデストリアンデッキでつながり、「駅・商業施設・サービス施設・住宅の一体化」を実現した利便性の高い物件。東急電鉄では、次世代型「住みかえ」推進事業を具現化するシンボルプロジェクトとして位置づけている。

一方、CSJは、電車等の公共機関を補完する次世代交通手段として同マンションでカーシェアリングサービスを提供することで、入居者の利便性の向上を図り、快適で住みやすい街づくりへの貢献を目指す。