メルセデスAMG(F1オーストラリアGP)

メルセデスAMGのロス・ブラウン代表が、ライバルチームのエキゾーストシステムを、ルールの主旨に反する意図で設計されていると痛撃した。

ブラウンがデザインを主導したメルセデスAMGの‘DRS連動式Fダクトウイング’に対する疑問の声が次第に高まる中で、彼は非難の声が自陣営だけに向けられる現状に不満を示したものだ。

「議論や言い争いは毎年のことだからそれは構わない。でも私はこの騒動が、他チームがやっているエキゾーストシステムの、FIAの意図とはかけ離れた小細工から目を逸らすためのものに思えてならない」。

「FIAからは『エキゾーストブローイングは禁止です』と言われたはずだ。私たちは、もう研究すべきではないと受け止めたが、まだ廃止してないマシンがいくつもある。たしかにF1は技術競争の世界だが、明文化されたレギュレーションがあって、それをしっかりと読み解いて競争する世界ではないだろうか」。

‘DRS連動式Fダクトウイング’に抗議が正式に出たとしても、対抗手段をとる気はないとブラウンは語る。

「FIAとはすでに協議を終えていて、今のやり方に問題はないという回答をもらった。むしろライバルのソリューションを参考にして、私たちにもメリットがあるかどうかを再び検討することになると思う。でも来年にはどうせなくなるけどね」。

ブラウン(メルセデスAMG。F1オーストラリアGP)