富士スピードウェイ、SUPER GT第2戦の観戦チケットを発売

富士スピードウェイは21日、5月3日〜4日に開催するSUPER GT 第2戦「2012 AUTOBACS SUPER GT Round2 富士GT500kmレース」の観戦チケットを3月23日より発売すると発表した。

今季SUPER GTは、GT500クラスでは、2011年初参戦でシリーズチャンピオンを獲得した日産の「S Road REITO MOLA GT-R」が2連覇を狙う。そのほかのトヨタ、日産、ホンダ、各チームも体制を整え、チャンピオン獲得を目指して熾烈な戦い繰り広げることが予想される。

GT300クラスでは、2011年チャンピオンを獲得した「初音ミクグッドスマイルBMW」は新型車を投入して2連覇を目指す。また、アウディ『R8』、メルセデスベンツ『SLS AMG』 などの海外GTマシンが初参戦するほか、国産車勢はハイブリッドカーのトヨタ『プリウス』や、スバル『BRZ』など話題の多いマシンが登場、国産車勢と外国車勢による新たなレース展開が期待される。

会場となる富士スピードウェイへは、4月14日には、新たに新東名高速道路の愛知県三ケ日IC〜御殿場IC間が開通となり、名古屋方面からのアクセスが便利になる。また、予選日の夜は場内に滞在も可能、車中泊やキャンプなどで過ごして決勝レースの朝を迎えることも出来る。

23日より、一般観戦チケットやパドックパスなど各種チケットを全国一斉に販売開始する。一般観戦チケットは、前売り大人5500円、大人ペア券1万円で、中学生以下は保護者同伴に限り無料。

富士スピードウェイ、SUPER GT第2戦の観戦チケットを発売 GT500クラスのチャンピオンを獲得したモ日産 GT-R  スバルBRZ GT300 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電《撮影 池田忍》 トヨタ・プリウスGT300(東京オートサロン)《撮影 池田忍》 SUPER GT、CR-Z グッドスマイルレーシング参戦マシン《撮影 池田忍》 グッドスマイルレーシング参戦マシン《撮影 池田忍》