タイでのスイフト発表会。鈴木俊宏副社長

スズキのタイでの生産・販売子会社スズキ・モーター・タイランド社は、タイ政府が推進しているエコカープロジェクトに適合する小型車、新型『スイフト』を3月21日に発表し、翌22日から販売を開始する。

エコカープロジェクトはタイ政府による、環境に配慮した小型乗用車の生産拡大を図るためのプロジェクトで、スズキは2007年12月にエコカー生産の認可を取得した。2009年11月に工場の建設に着工し、今月より新工場で新型スイフトの生産を開始した。

新型スイフトは日本、ハンガリー、インドでも生産されており、タイでの生産分をタイ国内で販売するほか、近隣アセアン諸国に輸出する予定。

21日、タイの首都バンコクで行われた新型スイフト発表会には、スズキの鈴木俊宏副社長が出席し、「タイはもちろん、タイから世界のユーザーに価値ある製品を届け、製品を通じて車と共に過ごす豊かな生活をサポートできるよう、これからもタイの人々と共に歩んでいきたい」と述べた。

タイでのスイフト発表会。鈴木俊宏副社長 スズキ、タイで販売を開始する新型スイフト