トヨタ・ヴェンザの2013年モデルの予告画像

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は4月4日に米国で開幕するニューヨークモーターショー12において、『ヴェンザ』の2013年モデルを初公開する。

ヴェンザは2008年1月、デトロイトモーターショー08でデビュー。『カムリ』の車台をベースに開発された北米専用のクロスオーバー車だ。

2013年モデルでは、デビュー以来、初の大幅改良を実施。外観はフロントグリル、バンパー、フォグランプ、テールランプ、アルミホイールなどのデザインが見直され、新鮮さがアピールされる。

インテリアは、装備をアップグレード。例えば、ベースグレードには、ディスプレイ付きのオーディオ、ブラインドスポットミラー、リバースギア連動ドアミラーなどが新たに標準装備される。全グレードにトヨタの最新マルチメディアシステム、「エンチューン」が設定されたのもニュースだ。

なお米国トヨタ販売は、2013年モデルのティーザー画像を1点公開。やや小型化されたフロントグリルや、LEDを組み込んだヘッドライトが確認できる。

トヨタ・ヴェンザ2012年型(現行)