シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12)

シトロエンは、ジュネーブモーターショー12において、『ベルランゴ』の2012年モデルをワールドプレミアした。

ベルランゴは、シトロエンのBセグメント商用車。日本にもかつて、正規輸入しようという動きがあった。現行モデルは、2008年に登場。「マルチスペース」と呼ばれる乗用モデルも存在する。今回、デビュー以来、初の大幅改良を受け、2012年モデルへ進化している。

2012年モデルのハイライトが、フロントのフェイスリフト。グリルはワイド感を強調したデザインとなり、バンパーにはオプションでLEDが組み込まれた。ドアミラーやアルミホイールも新デザインだ。

インテリアは素材の見直しにより、質感を向上。エンジンに関しては、ターボディーゼルの「e-HDi 90HDi」がアイドリングストップの採用などによって、CO2排出量を3%改善し135g/kmと、環境性能を引き上げている。

シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12) シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12) シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12) シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12) シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12) シトロエン ベルランゴの2012年モデル(ジュネーブモーターショー12)