[フェラーリ・レーシング・デイズ]宝石のような《撮影 内田千鶴子》

“フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2012”(3月16〜18日)で、注目すべきイベントのひとつが“コンコルソ・デレガンツァbyウブロ”である。

スイスの時計メーカーであるウブロ社がスポンサーするこのコンクールには、18台のクラシックフェラーリが出品されたのだ。

最近フェラーリクラシケにてレストアが完了した『250GT SWB』や、海外からエントリーされた『250GTO』と『250GTカリフォルニアスパイダープロトタイプ』、トリノで自動車デザインの会社を興して成功した日本人がイタリアで所有していたクルマで、その後、日本でも1人のオーナーが保有している『400スーパーアメリカ』など、1台だけで1冊の本が書けそうなクルマが集った。

コンクールの結果
■ベスト・オブ・ショウ:250GT SWB
■プリザベーション・トロフィー:250GTO
■エクセレンス・カップ:ディーノ206GTと340 アメリカ・ヴィニャーレ・スパイダー

[フェラーリ・レーシング・デイズ]宝石のような《撮影 内田千鶴子》 フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2012 コンコルソ・デレガンツァbyウブロ テープカットには元F1パイロットのミカ・サロ氏も駆け付けた《撮影 内田俊一》 フェラーリ195Sツーリングベルリネッタ(1950)《撮影 内田俊一》 フェラーリ195Sツーリングベルリネッタ(1950)《撮影 内田俊一》 フェラーリ166インターヴィニャーレクーペ(1950)《撮影 内田俊一》 フェラーリ166インターヴィニャーレクーペ(1950)《撮影 内田俊一》 フェラーリ340アメリカヴィニャーレスパイダー(1951) エクセレンスカップを受賞《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GT TdF(1957)《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GT TdF(1957)《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GT SWB(1961) 今回のベスト・オブ・ショウ《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTE2+2 400SA(1961)エンツォの私用車だったクルマそのものでスーパーアメリカ用の大きなエンジンを搭載した試作車。《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTE2+2 400SA(1961)エンツォの私用車だったクルマそのものでスーパーアメリカ用の大きなエンジンを搭載した試作車。《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTO(1963) プリザベーション・トロフィを受賞《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダー(1957) これは最初のプロトタイプで、TdFをオープンバージョンのようなボディである。《撮影 内田千鶴子》 フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダー(1957) これは最初のプロトタイプで、TdFをオープンバージョンのようなボディである。《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダー(1957) これは最初のプロトタイプで、TdFをオープンバージョンのようなボディである。《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダー(1957) これは最初のプロトタイプで、TdFをオープンバージョンのようなボディである。《撮影 内田千鶴子》 フェラーリ400スーパーアメリカ(1962)《撮影 内田俊一》 フェラーリ400スーパーアメリカ(1962)《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTE 2+2(1962)《撮影 内田俊一》 フェラーリ250GTベルリネッタルッソ(1963)《撮影 内田俊一》 フェラーリ330GT 2+2(1964)《撮影 内田俊一》 フェラーリ330GT 2+2(1964)《撮影 内田俊一》 フェラーリ330GTC(1966)《撮影 内田俊一》 フェラーリ275GTB/4(1967)《撮影 内田俊一》 フェラーリ365GT4/BB(1973)《撮影 内田俊一》 フェラーリ365GTB/4 デイトナ(1969)《撮影 内田俊一》 ディーノ206GT(1968)《撮影 内田俊一》 フェラーリSP-1(2008)《撮影 内田俊一》