写真先頭はコバライネン(ケーターハム)、続いてペトロフ(同。3月18日、F1オートスラリアGP決勝)

ケイターハムのヘイキ・コバライネンに対し、F1オーストラリアGPのセーフティーカー導入中の追い越しが問われ、今週末のマレーシアGPで5グリッド降格が決まった。ホームレースとなるマレーシアGPでは、Q2進出をもくろんでいたケイターハムだけに、開幕戦全滅のショックを倍加するような処分だ。

ペナルティーの原因となった行為は、セーフティーカーライン手前で追い越しをしたこと。ちなみにセーフティーカー導入の原因を作ったのはチームメートのビタリー・ペトロフだった。

「次のレースのグリッドを削られてしまったよ。原因は、ピットレーンに入るときにベッテルより前に出てしまったからだ。とても細かい裁定だけど、僕のミスだよ」

ちなみに、コバライネンのマシンはこのピットでステアリングアームの緩みが見つかって、リタイアを決めている。

コバライネン(ケーターハム。3月18日、F1オートスラリアGP決勝)