ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12)

6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12。ホンダのブースでは、『NSXコンセプト』とともに、もう1台のスポーツカーコンセプト、『EV-STER』が欧州プレミアを果たした。

EV-STERは2011年11月、東京モーターショー11で初公開された小型EVスポーツコンセプトカー。軽自動車枠を若干超える小型ボディのほぼ中央にモーターを搭載。そして、後輪を駆動する。

二次電池は、蓄電容量10kWhのリチウムイオンバッテリー。最高速は160km/h、1回の充電での最大航続距離は約160km。充電時間は、200Vソケットなら3時間以下で済む。

そのデザインから、1990年代に一世を風靡したミッドシップの軽自動車スポーツ、『ビート』の再来かと話題を集めた同車が、今回のジュネーブモーターショー12で欧州初公開。一部メディアでは、市販の可能性が示唆されているだけに、ジュネーブモーターショー12でのホンダのトップの発言が注目された。

ホンダモーターヨーロッパの西前 学社長は、プレスカンファレンスにおいて、「NSXコンセプトはホンダのフラッグシップスポーツカーの提案。これとは別に、小型のスポーツカーを提案したのがEV-STER」と説明。さらに、「この小型スポーツEVは、環境技術を運転する楽しさとどう結びつけるのか、その方向性を示した1台です」と述べるにとどめている。

ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12) ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12) ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12) ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12) ホンダEV-STER(ジュネーブモーターショー12)