スバル・アウトバック

富士重工業は19日、北米生産拠点のスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)が創立25周年を迎えたと発表した。3月16日には3600人を超える従業員が出席し、25周年記念式典が開催された。

SIAのトム・イースターデー執行副社長は「SIAは1987年3月17日の設立以来、我が社の発展を通じて社会のために役立つことを使命として日々取り組んできた。設立から25年を経た今日、我々はその使命を忠実に守り続け、SIAは過去最多の従業員を雇用し、過去最高の生産台数を記録、そして、品質と安全および環境活動で自動車業界をリードしている」と述べた。

SIAは富士重といすゞ自動車の北米合弁会社として設立したが、業績悪化で乗用車やSUVから撤退したいすゞが撤退、富士重の単独工場として運営を継続してきた。富士重では1989年から『レガシィ』、1995年から『アウトバック』、2005年から『トライベッカ』を生産している。また、2007年からは、旧いすゞ車の生産ラインなど、空いたスペースを活用してトヨタ自動車向けの『カムリ』も受託生産している。

SIAでのスバル車の生産は2011年暦年が過去最高の16万1716台、前年比2.3%増となり、1989年の生産開始から累計生産台数は約211万台となっている。

SIAでは今後数か月の間に数々のイベントを開催する予定。イベントを通じてSIA従業員のこれまでの功績を祝うと共に、地域の人々にスバル独自の製造工程を理解してもらう機会を提供していく。

2007年、SIAでのトヨタ・カムリ・ラインオフ式典