富士重工業・吉永泰之社長≪撮影 小松哲也≫

富士重工業の吉永泰之社長は16日、トヨタ自動車との共同開発車スバル『BRZ』およびトヨタ『86』の生産計画について「基本的に年間10万台は造る」との見通しを示した。

吉永社長は同日、群馬製作所本工場(群馬県太田市)で開いたBRZ/86のラインオフ式後、報道陣に対し「年間10万台の生産に向けて設備を整えている」としながらも、「おそらく今から始めていくとトヨタ、私どももクルマが足りない状況になると思う」とし、すでに増産を視野に入れていることを明らかにした。

BRZ/86は全量、富士重の群馬製作所本工場で生産される。同工場は1958年の操業開始以来、軽自動車を製造していたが、事業の選択と集中の一環で2月29日に軽の自社生産を終了した。軽からBRZ/86への切り替えに伴って同工場のラインを休止したのは4日間だけだったという。

スバルBRZ/トヨタ86生産ライン≪撮影 小松哲也≫ スバルBRZ/トヨタ86生産ライン≪撮影 小松哲也≫