14日午後7時30分ごろ、岐阜県岐阜市内の県道で、道路右側を走行していた自転車と、対向してきた大型路線バスが衝突する事故が起きた。自転車は転倒し、乗っていた34歳の女性が意識不明の重体となっている。

岐阜県警・岐阜中署によると、現場は岐阜市琴塚4丁目付近で片側1車線の直線区間。自転車は道路右側の歩道を走行していたが、車道側へ逸脱。直後に対向してきた岐阜バスが運行する大型路線バスの側面部に衝突した。

自転車は転倒。乗っていた34歳の女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打で意識不明の重体となっている。バスの乗客にケガはなかった。警察はバスを運転していた55歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場は歩道の幅員が4mから1mに減少する区間。調べに対してバスの運転手は「すれ違った際に接触したようだ」などと供述しており、警察では自転車が誤って車道に逸脱した可能性が高いとみている。