メルセデスAMG(3月16日、F1オーストラリアGP)

FIAはメルセデスAMGが考案したリヤウイングを「全面的にレギュレーションに適合する」との見解を出した。

W03のリヤウイングは、ルール適合性に関してもこの冬のテスト中のライバルの注目の的だった。DRSの作動時、ウイングの上翼が動く際にベントが開き、これに連動するFダクトと同じコンセプトはルールに抵触するのではないか? という指摘があったためだ。

エンドプレートから主翼面に向けてエアを導入し、気流をストールさせるという仕組みの合法性について、ライバルチームからFIAに対し照会があったようだ。

結果は「システムが実質的にドライバーの意思で作動するDRSに連動してはいるものの、レギュレーションには適合している」というのがFIAの回答だった。

FIAテクニカルデレゲート、チャーリー・ホワイティングが語る。

「Fダクトそのものが全面的に禁止されているという誤解があったように思います。昨年の開幕前に、サスペンションに連動したダクトの開閉は合法かというの問い合わせがあったので、サスペンションの目的に反するので『それはノー』と回答したことはあります」

「メルセデスAMGのシステム細部を私の立場から明かすことはできません。言えるのは、DRSの作動時にダクトにエアを導入して別の働きをさせても構わないということだけです」

メルセデスAMG(3月16日、F1オーストラリアGP) メルセデスAMG(3月16日、F1オーストラリアGP) メルセデスAMG(3月16日、F1オーストラリアGP) メルセデスAMG(テスト) メルセデスAMG(発表時)