トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の豊田章男社長は16日、富士重工業との共同開発車、トヨタ『86』、スバル『BRZ』について「世界中に日本のモノ造りが頑張っていることを示す切り込み隊長になってくれれば良い」との考えを示した。

豊田社長は富士重の群馬製作所本工場(群馬県太田市)で開かれた86/BRZラインオフ式後、報道陣に対し述べたもので、「アライアンスありきというよりは日本に、そして世界にはいいクルマを造りたいという集団がいるということをまずご理解賜りたい。あくまでもアライアンスはひとつの手段、目的はあくまでもいいクルマを造ること」と強調した。

また富士重との関係については「ひとことで言えば本当にいいクルマができるパートナー」とした上で「単にトヨタの言うことを聞く会社ではない。それ故にお客様、市場、そしてまた日本のモノづくりにとっても本当に両社が戦いあった結果、いいものを出していくので期待してほしい」と述べた。

トヨタ86/スバルBRZラインオフ式≪撮影 小松哲也≫