スバルBRZ/トヨタ86ラインオフ式≪撮影 小松哲也≫

富士重工業は16日、群馬製作所本工場(群馬県太田市)でトヨタ自動車との共同開発車スバル『BRZ』およびトヨタ『86』のラインオフ式を開いた。

来賓として出席したトヨタの豊田章男社長は「BRZ、86は富士重工業とトヨタでなければ実現しなかったクルマであり、よりよいクルマを造るために始めた提携が確実に実を結んだことを大変うれしく思っている」とあいさつ。

さらに「富士重工業は私どもトヨタにとってかけがえのないパートナー。今後もお互いに良いところを吸収し合い切磋琢磨しながら、お客様の期待を超えるもっとよいクルマをつくっていきたい」と強調した。

一方、富士重工業の吉永泰之社長は「このクルマは幅広いお客様に運転することの楽しさを感じて頂けるモデル。車に関心の高いお客さまはもちろんのこと、クルマから遠ざかってしまったお客様、あるいは初めてクルマに触れるお客様など多くの方にハンドルを握って頂き、クルマを再認識して頂くきっかけになれば良いと考えている」と述べた。

トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫ 富士重工業・吉永泰之社長≪撮影 小松哲也≫ スバルBRZ/トヨタ86ラインオフ式≪撮影 小松哲也≫ スバルBRZ/トヨタ86ラインオフ式≪撮影 小松哲也≫