13日午後10時10分ごろ、山形県鶴岡市内の市道で、脱輪したクルマの救援作業を行っていた54歳の男性に対し、対向車線側からスピンしてきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

山形県警・鶴岡署によると、現場は鶴岡市下川付近で片側1車線の緩やかなカーブ。現場付近を走行していた40歳代女性の運転する乗用車が凍結路面でスリップ。スピンしながら対向車線側へ逸脱。道路脇の側溝に脱輪した状態で停止した。

これを目撃した54歳の男性が自分のクルマを止め、救援しようと駆けつけたところ、乗用車と同方向に進行していた軽乗用車が同じ場所でスピン。立ち往生していた乗用車に衝突した。

男性は2台のクルマの間に挟まれて全身を強打。近くの病院へ収容されたが、出血性ショックが原因でまもなく死亡した。2台の運転者にケガはなく、警察では軽乗用車を運転していた同市内に在住する21歳の女性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

事故当時。現場の路面は完全凍結していた。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。