MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》

NTTドコモは、Mobile IT Asia12に電気自動車(EV)も含めた「スマートホームICT」を参考出展した。

ドコモはすでに「ケータイホームシステム」を提供している。これは携帯電話を利用して、外出先から家電を遠隔操作するシステム。マルチキャリアでの利用に対応してるほか、iアプリも用意している。

このシステムを拡張したものがスマートホームICT。家庭内の各種情報をホームICTに集約、家庭内の消費電力、太陽光発電の発電電力、EVの充電状態などを見える化し、電力の自給自足を支援する。

AR(拡張現実)を用いた操作デモも行なっていた。NTTドコモ モバイルデザイン推進室の鳥生雄二氏は「ケータイホームシステムは、スイッチの切り替えが出来るものですが、スマートホームICTは、さらに踏み込んでエネルギーの運用をコントロールできるシステムです。ARなどを用いることで、使いやすさの向上、見える化にも力を入れています」と話す。

ドコモではこのほか、近距離無線通信規格のNFCと携帯電話の新たな連携、サービス構想などを出展した。

MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》 MOBILE IT ASIA12 ドコモブース《撮影 土屋篤司》