12日午後3時ごろ、群馬県桐生市内の商店兼民家の敷地内で、この家に住む76歳の女性が駐車場から発進した乗用車にはねられる事故が起きた。この事故で女性は死亡。警察はクルマを運転していた88歳の男を現行犯逮捕している。

群馬県警・桐生署によると、現場は桐生市宮前町付近にある商店兼民家敷地内の駐車場。この家に住む76歳の女性が駐車場の前に立っていたところ、発進してきた乗用車にはねられた。

女性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。警察はクルマを運転していた同市内に在住する88歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

この事故の直前、男は別の物損事故を起こしており、クルマを現場となった駐車場へ一時的に置いていた。事故の対応が終わり、現場を離れようとした際に女性をはねたものとみられており、警察は事故発生の詳しい経緯を調べている。