日立化成工業は15日、タイにおける子会社であるHitachi Powdered Metals(HPMT)内に、自動車用カーボンブラシの生産拠点を新設し、2012年4月下旬より順次生産を開始すると発表した。

自動車用カーボンブラシは、自動車のスターターやラジエーターファン、ワイパー、パワーウィンドウなどの各種モーターの回転部と褶動接触し、電流を流すための部品。自動車用ブラシは、現在、同社山崎事業所等で生産しているが、顧客である日系ならびに海外自動車メーカーなどからは、市場が拡大している中国、東南アジア諸国やインドでの現地生産・供給の要請が寄せられていた。

今回、既存工場・敷地を活用することで早期の生産拠点立ち上げと、投資費用抑制が可能なことから、同社グループのタイに所在するHPMT内に自動車用ブラシの生産拠点を新設。4月下旬より生産を順次開始する。同社では、国内拠点に加えタイ拠点を活用することで、中国、東南アジア諸国、インドでの自動車部品需要の取り込みを図り、2015年度には自動車用ブラシ売上高を震災前の水準以上へ回復させたいとしている。