マツダ・山内孝社長≪撮影 小松哲也≫

マツダの山内孝社長は15日、都内で一部報道陣と懇談し、公募増資に3倍を超える応募があったことについて「マツダが進めようとしている構造改革を投資家の方々から高くご評価頂いた結果ではないかと思う」と述べた。

山内社長は「増資は何度かあったが、今までと違いある意味でマツダの歴史始まって以来の構造改革を打ち出した。国内中心から海外へも比重を移していくことや、スカイアクティブ技術で商品力を大幅にアップすること、販売現場を変えていくほか、一方でリストラも行うなど、すべてのものを盛り込んだ」と説明。

その結果、「国内では一般の方々から1.5倍、機関投資家の方からは約3倍、海外の方が約8倍ということで、トータルで3倍強になる応募を頂いた」という。

一方、2月2日の決算発表時にキャッシュは足りていると発言してから約3週間後に公募増資を始めとする資金調達計画を打ち出したことについては「今期この計画が無くても予定では手元流動性が2400億〜2500億円、それ以外にもコミットメントラインが2000億円強あるので、当面キャッシュに困っているわけではないと(決算発表時に)申し上げた」と強調。

その上で「増資をした理由は、今後我々の構造改革を含むマツダ再生プランをより確かなものにするため」と語った。