ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12)

ルノーは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、ダチアブランドの新型コンパクトMPV、『ロッジィ』(LODGY)を初公開した。

ダチアはもともと、ルーマニアの自動車メーカー。1999年にルノーの傘下に入ってからは、主に東欧市場向けの低価格車を開発してきた。しかし現在では、ダチアブランド向けに開発されたモデルがルノーバッジを付け、ロシアや南米などの新興国を中心に販売されている。

そんなダチアブランドの最新作が、ロッジィ。欧州などで急成長している小型MPV市場に投入されるモデルだ。そのハイライトは、ダチアブランドならではの価格設定にある。

ロッジィのフランスにおけるベース価格は、1万ユーロを切る9900ユーロ(約108万円)。3列シート、7名乗車が可能な小型MPVとしては、異例のコストパフォーマンスの高さを誇る。

ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12) ダチア・ロッジィ(ジュネーブモーターショー12)