マツダの新型車CX-5の累計受注が8000台で月販目標の8倍となった。うちクリーンディーゼル車が7割超と高い人気となっている。

マツダは、2月16日に販売を開始した小型SUV『CX-5』の累計受注台数が、3月14日時点で約8000台を受注したことを明らかにした。月間販売計画1000台の8倍。また、クリーンディーゼル搭載車の割合が73%と高い構成比率となっている。

CX-5は、マツダ独自の環境技術「SKYACTIV」をエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなど全てに採用した初めての新型車。環境性能の向上を図ると同時に、SUVでありながら「走る歓び」を感じられる走行性能を実現した。

顧客層は30〜40代が中心。デザイン、走行性能や燃費性能の高さ、積載能力の高さが評価されたとしているほか、「長距離移動でもストレスなく運転できそう」といった声も寄せられているという。

また、SKYACTIV技術を採用したクリーンディーゼルエンジンを新たに搭載したこともCX-5の目玉。JC08モードで18.6km/リットルの優れた燃費性能と、最大トルク420Nmによる4.0リットルV8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを両立している。排ガス規制などにより縮小していた乗用ディーゼル車市場に風穴を明けるモデルとして期待されている。

発売時の会見で山内孝代社長は、「ディーゼル車の販売比率を5割以上にしたい」と語っていた。今回の発表を受け「国内のクリーンディーゼル市場開拓に手応えを感じてる」とコメント。さらに「(CX-5は)『アクセラ』、『アテンザ』、『デミオ』に次ぐ基幹車種として年間販売台数16万台以上を達成できると確信している」と語った。

マツダ CX-5 XD(クリーンディーゼルエンジン搭載車) マツダ CX-5 マツダ CX-5 クリーンディーゼルエンジン SKYACTIV-D