VWザ・ビートルRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

フォルクスワーゲン(VW)グループは、2015年に新車のCO2排出量を120g/km以下とするなどの新しいサステイナビリティ目標を設定した。

同社では、2016年までに全世界で624億ユーロを投資し、加えて中国には140億ユーロを追加投資する。全世界のグループ工場で実行される投資プログラムのうち、3分の2以上は直接的または間接的に現在以上に効率的な車両、パワートレーン、テクノロジー、環境に優しい製品の開発に向ける。

グループの欧州の新車平均CO2排出量は2006〜2015年の間に約30%削減する。これによって2015年までに新車のCO2排出量が120g/kmの規定値を下回る見通し。すべての新世代モデルは、現行モデル比で10〜15%効率を改善する。

さらに2018年までにグループ全体の環境適合性レベルを25%改善する。具体的には、エネルギーや水の使用量を25%削減し、産業廃棄物や排ガスの排出量を25%低減する。2020年までに生産に使うエネルギーに由来する温室効果ガスの排出を40%低下させる。これらの目標を実現するため、約6億ユーロを投資し、風力、太陽エネルギー、水力など再生可能なエネルギーの使用を促進する。

フォルクスワーゲン eco up!(ジュネーブモーターショー12) VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》