イメージ

11日午後6時55分ごろ、東京都江東区内の都道で、交差点を右折しようとしていた路線バスと、対向車線を直進してきた2人乗りバイクが衝突する事故が起きた。バイクは衝突の弾みで歩道に乗り上げて歩行者に突っ込んだ。この事故で5人が重軽傷を負っている。

警視庁・深川署によると、現場は江東区門前仲町1丁目付近で片側3車線の直線区間。東京都交通局が運行する大型路線バスは青信号(矢印信号)に従って交差点を右折しようとしていたが、対向車線を直進してきた2人乗りバイクと衝突した。

バイクは転倒しながら歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた歩行者に衝突。歩行者の2人が骨折などの重傷、別の2人も軽傷を負った。また、バイクに同乗していた20歳代の女性も骨折などの重傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察はバイクを運転していた荒川区内に在住する34歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕した。黄色もしくは赤信号を無視し、強引に交差点を突っ切ろうとした疑いがあり、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。