ピレリ

2011年からF1に復帰したピレリにとっての2度目のシーズンがまもなく開幕する。昨年、F1関係者やファンの多くから指摘された、タイヤ寿命に関する問題はすでに解決したとピレリのモータースポーツ部長ポール・ヘンベリーは語る。

「昨年はF1史上最多のオーバーテイクという輝かしい記録に当社も貢献できたと自負する一方で、今年はさらにレースの興奮を高めるべく工夫を重ねるつもりです」

「基本的には、3度のテストで試した開幕から3戦向けのタイヤのように、できるだけデグラデーションを起こす(減りやすくする)という方向です。すでに5万kmを超えるテストを終えた今、むしろチーム側の方がタイヤ特性を見抜いて、より適したストラテジーを考えているではないかと想像しています」

「タイヤの選択肢を多くすることで、レースの中でタイヤが話題に出ることを多くしたいというのもわれわれの思惑です。ショーの主役はドライバーとマシンですが、タイヤを作る私たちも表舞台に出てみたいという気持ちをお察しください(笑)。チームの皆さんは、ピレリの挑戦状受けると言ってくれているので、そのようにしたいと思っています」

ピレリ ピレリ