ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン

日産自動車の欧州法人、欧州日産は13日、2012年のルマン24時間耐久レースに参戦する米国のデルタウイング社に、1.6リットル直噴ガソリンターボエンジンを供給すると発表した。

デルタウイングのマシンは、ルマン24時間耐久レースが2012年から導入する特別なカテゴリー、「ガレージ56」の枠で参戦。ガレージ56は、次世代の自動車技術の研究開発を促進するために設けられたカテゴリー。マシンのゼッケンナンバーは「0」となり、レースでは賞典の対象外だ。

非常に斬新なデザインが、デルタウイングの特徴。鋭く尖ったノーズをはじめ、エアロダイナミクスを徹底追求したフォルムは戦闘機を連想させる。車両重量も475kgと非常に軽い。

この軽量ボディに搭載されるのが、日産の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「DIG-T」。最大出力は300psを引き出す。欧州日産によると、ルマンの他のマシンに対してパワーは半分程度しかないが、軽量ボディの効果もあり、ラップタイムはルマン最高峰の「LMP1」とその下の「LMP2」の中間の性能を発揮できるという。

なお、マシンには「NISSAN」のロゴが入り、ルマン24時間耐久には、「ニッサン-デルタウイング」のチーム名でエントリー。ドライバーには、FIA GT1世界選手権に参戦中のミハエル・クルム選手と、英国人レーサーのマリーノ・フランキッティ選手の2名が確定している。

ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン ルマン24時間耐久レースに参戦するニッサン-デルタウイングのマシン