アルパインは13日、トヨタ『プリウスα』『プリウス』専用の天井取付け型モニターをはじめとした「リアビジョン」新製品を発表、4月より販売を開始する。

新製品は、専用キットを使用して車両の天井部に取付けることで、プリウスα/プリウスの後席からの最適な視聴距離と角度を実現すると同時に、ルームミラーからの後方視界も確保している。

上位モデルにはモニターサイド部分に装着できるハイブリッドブルーのカラーコーディネートパーツを添付するほか、取付け部にシルバーメタリック色の取付けキットを採用。車室内の最適なカラーコーディネートにも対応する。

液晶パネルは9インチWVGA LEDを採用。価格は、ステレオスピーカー内蔵タイプがオープン価格、モノラルスピーカー内蔵タイプが3万2025円。

また、ヘッドレストへのアーム取付け型リアビジョンも同時に発売。10.1インチSVGA LED液晶モニターを採用し、価格は3万6960円。