ホンダ もてぎ1.5チャレンジカップ参戦車 フィットRS《撮影 土屋篤司》

モビリティランドは13日、ツインリンクもてぎで、今シーズンから新たに開催する「もてぎ1.5チャレンジカップ」の開催概要を発表した。

同レースは、軽自動車を除く1.5リットル以下の市販車両による四輪レース。ドライバー参加資格は、有効な運転免許証を所持し、JAF国内運転競技者許可証Aクラス以上の所持者。登録人数はスプリントが1名、セミ耐久が2〜3名、耐久が2〜5名。装着タイヤは一般市販ラジアルで、最低重量は1.4リットル以下が780kg、1.5リットル以下が840kgとしている。

開催は、3月25日(スプリント)、5月26-27日(セミ耐久)、7月15日(耐久)、11月4日(スプリント)、12月1-2日(スプリント)の年5戦を予定している。

同社では、国内で多くのユーザーを有する排気量のシリーズを開催することで、モータースポーツの裾野を広げ、参加型レースの更なる拡充を図りたいとしている。

ホンダ もてぎ1.5チャレンジカップ参戦車 フィットRS《撮影 土屋篤司》 ホンダ もてぎ1.5チャレンジカップ参戦車 フィットRS《撮影 土屋篤司》