メルセデスベンツ SLS AMG のEV版のシャシー(ジュネーブモーターショー12)

メルセデスベンツが、2013年の市販を目指して開発中の『SLS AMG』ベースのEVスーパーカー。スイスで開幕したジュネーブモーターショー12では、同車の市販モデルの最終スペックが公表された。

ダイムラーは2010年7月、メルセデスベンツSLS AMGのEVプロトタイプ、『SLS AMG E-CELL』を初公開。同車は、SLS AMGの6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジン(最大出力571ps、最大トルク66.3kgm)に代えて、4輪の近くに独立した4個の小型モーターを搭載。トータルで最大出力533ps、最大トルク89.7kgmを引き出す。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、エンジンベイ後部、センタートンネル、シート後方の3か所に配置。蓄電容量はトータル48kWhだ。発進時から89.7kgmの最大トルクを引き出すモーターの特性を生かし、0-100km/h加速は4秒以内と、ガソリン仕様と同等のパフォーマンスが追求される。

今回、ダイムラーは、SLS AMG E-CELLの市販スペックを公表。4個のモーターが生み出す最大出力は、プロトタイプと同じ533ps、最大トルクもプロトタイプ同様の89.7kgmであることが告げられた。

また、3個のリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量がプロトタイプと同じで、合計48kWh。0-100km/h加速は4秒ちょうどと、ガソリンエンジン搭載のSLS AMGの3.8秒に対して、わずか0.2秒差と公表された。ジュネーブモーターショー12の会場では、EVパワートレインを組み込んだシャシーが披露されている。

メルセデスベンツ SLS AMG のEV版のシャシー(ジュネーブモーターショー12) メルセデスベンツ SLS AMG のEV版のシャシー(ジュネーブモーターショー12) メルセデスベンツ SLS AMG のEV版のシャシー(ジュネーブモーターショー12) メルセデスベンツ SLS AMG のEV版のシャシー(ジュネーブモーターショー12)