ドイツで開催されたフォルクスワーゲングループの年次決算発表会

ドイツ自動車メーカー大手のフォルクスワーゲングループは12日、2011年通期の決算(確定値)を公表した。

同社の発表によると、アウディやセアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、前年比25.6%増の1593億3700万ユーロ(約17兆2340億円)。

また純利益は、過去最高の157億9900万ユーロ(約1兆7080億円)。前年の72億6600万ユーロ(約7860億円)に対して、2.2倍の増益を達成する。

2011年の世界新車販売は、前年比14.7%増の約830万台と過去最高。このうち、フォルクスワーゲンの乗用車部門は、13.1%増の約510万台。中国や米国での好調な新車販売が、過去最高の販売台数に貢献した。

フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルン会長は、「2011年は素晴らしい成功を残した。自動車メーカーで世界ナンバーワンになるという目標に向けて、順調な足取り」とコメントしている。

VWスイスup!(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 VWウィンターup!(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 VWグループ、セアトMii(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 VWグループ、シュコダ・シティゴ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWグループ、アウディA6アバント《撮影 太宰吉崇》