トヨタ・アクア《撮影 池田忍》

GSユアサは、トヨタ自動車が2011年12月に発売した新型ハイブリッドカー『アクア』と、2012年1月に発売した新型プラグインハイブリッドカー『プリウスPHV』にハイブリッドカー補機用鉛蓄電池が採用されたと発表した。

ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーには駆動用としてニッケル水素電池やリチウムイオン電池が搭載されているが、あわせて補機用として鉛蓄電池も搭載されている。鉛蓄電池はパワースイッチをONにした時のハイブリッドシステムや一般電装品への電源供給、パワースイッチをOFFにした時またはアクセサリーモードにした時の一般電装品へ電力を供給する。

GSユアサはトヨタがハイブリッドカーを量産、販売を開始した1997年当初から補機用鉛蓄電池を供給、『プリウス』をはじめ『プリウスα』、レクサス『CT200h』にも納入しており、2011年12月末までに累計で270万個以上の補機用鉛蓄電池を出荷した。

今回、アクアには「S34B20R」、プリウスPHVには「SB34B20R」及び「S46B24R」の補機用鉛蓄電池をそれぞれ供給する。

トヨタ・プリウスPHV