MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)から発売が開始されたMINIブランド5番目のモデル『クーペ』は、『コンバーチブル』をベースに仕立てられている。

「Aピラーを取ってしまうとこのモデルはコンバーチブルがベースです。そのボディは強度を高めるために、リア周りやサイドの鉄板などに補強材が入っているのです」とは、MINIマーケティング・ディビジョン プロダクト・マネジメント マネジャーの佐藤毅さん。「それをそのままクーペとロードスターに使っています」。

佐藤さんは、「最初ハッチバックベースで来るのかと思っていましたが、(コンバーチブルを選んだということで)ねじり剛性なども真剣に考えられていました。パッセンジャーシートの後ろやリア周りの補強が効いていて、テールゲートが大きく開いても、ボディ剛性が保たれているのですね」と話す。

荷室の広さも2シーターということもあり、クロスオーバーを抜いてミニの中では一番大きいという。ボディサイズは、全長とホイールベースは、コンバーチブルやハッチバックと全く一緒(全長3740mm ホイールベース2465mm)。全高は1380mmと50mm低いスタイルだ。「Aピラーが寝ている部分などが影響し低くなっています、これによりデザインもクーペらしくなり、CD値に効き、また重心高が下がることで、さらに走りも良くなっているのです」と語った。

MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MINI クーパーS クーペ《撮影 内田俊一》 MMINI コンバーチブル《撮影 内田俊一》