ブリヂストン、ブースイメージ(モーターサイクルショー12)

ブリヂストンは、3月23日から3月25日まで、東京ビッグサイトで開催される「第39回東京モーターサイクルショー」に出展すると発表した。

今回同社ブースでは、FIMロードレース世界選手権シリーズMotoGPクラス(MotoGP)用タイヤ開発で培ってきた技術を搭載した新商品「バトラックス・ハイパースポーツS20」をはじめ、オンロード用からオフロード用まで、同社の技術を駆使した幅広い商品ラインアップを展示する。

また、同社が公式タイヤサプライヤーとしてサポートするMotoGPの車両展示や、2011年MotoGPチャンピオンのケーシー・ストーナー選手が使用したマシンに装着されていた実際のタイヤを展示する。さらに2011年度全日本ロードレース選手権ST600クラス小林龍太選手参戦マシンを使って走行時の車両の傾きを体感できるコーナーを設ける。

レーシングタイヤの性能を最大限発揮するために使用されるタイヤウォーマーを用意し、表面温度や硬さの違いを実感できるコーナーも設置する。

同社では東京モーターサイクルショーへの参加を通して商品と高い技術力を訴求するとしている。