UDトラックス、大型トラック「クオン」のカーゴ系にトラフィックアイブレーキを標準装備

UDトラックスは12日、衝突被害軽減ブレーキ「トラフィックアイブレーキ」の標準装備など、大型トラック『クオン』シリーズを一部改良して3月12日から発売した。

トラフィックアイブレーキは、バンパーに備え付けたミリ波レーダーにより前方車両との距離と相対速度を捉え、先行車に衝突するおそれがある場合、運転者が回避操作を行うよう警告する。運転者の回避操作が遅れるなどして、先行車との衝突が避けられないと車載コンピューターが判断した場合、自動でブレーキを作動させて自車を減速させ、衝突時の被害を軽減させる装置。

今回、カーゴ系のCV、CD、CW、CG、CX系の長尺車に標準装備するほか、トラクタのGK系の全車に標準装備される。これにより、車両の安定性確保や事故回避をサポートするなど、予防安全性と衝突安全性の向上を図った。

今回発売する車両は、一昨年に発売した大型トラックのクオン・シリーズと同様、燃料の最大噴射圧力を高圧化して燃焼効率を向上させたエンジンや幅広いギアレシオを備えたトランスミッションの採用などで、燃費性能を向上、2015年度重量車燃費基準を達成した。

また、尿素SCR触媒と超高圧燃料噴射などを組み合わせたNOxとPMの低減システム「フレンズ」を搭載し、ポスト新長期排出ガス規制に適合している。

今回、国土交通省の2009年基準低排出ガス車の認定を受けた。今回発売の車両を含む2009年基準低排出ガス車の認定を受けた大型トラックと中型トラックは、2012年度税制改正で自動車取得税と自動車重量税の減免措置(新エコカー減税)の対象となり、適用期間中の新車購入時の自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。