ロールスロイス ファントム ドロップヘッドクーペのシリーズ2(右)

スイスで開幕したジュネーブモーターショー12。英国の高級車ブランド、ロールスロイスは『ファントム』の「シリーズ2」を初公開した。サルーンだけでなく「クーペ」とオープンの「ドロップヘッドクーペ」もシリーズ2に発展した。

1998年、BMWの傘下に入ったロールスロイスが2003年、初めて開発した新型車がファントム。4ドアサルーンに追加される形で、ラインナップに加わったのが、2ドアのドロップヘッドクーペ(2007年)とクーペ(2008年)だ。

初の大幅改良受けて登場したシリーズ2では、サルーンと同じフェイスリフトを受けた。従来は丸型のヘッドライトが特徴だったが、これを角型デザインに変更。市販車への標準装備は世界初というフルLEDヘッドランプが採用される。

ダッシュボード中央には、8.8インチの大型モニターを装備。3Dマップのナビゲーションをはじめ、各種情報を表示できる。6.75リットルの直噴V型12気筒ガソリンエンジンは、新開発の8速ATの採用などにより、燃費を10%向上。CO2排出量も388g/kmから347g/kmへ、約10%改善させた。

ロールスロイス ファントム クーペのシリーズ2 ロールスロイス ファントム ドロップヘッドクーペのシリーズ2(右) ロールスロイス ファントム クーペのシリーズ2 ロールスロイス ファントム クーペのシリーズ2 ロールスロイス ファントム ドロップヘッドクーペのシリーズ2 ロールスロイス ファントム ドロップヘッドクーペのシリーズ2 ロールスロイス ファントム ドロップヘッドクーペのシリーズ2