ベントレーEXP 9 F(ジュネーブモーターショー12)

ベントレーが6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12でワールドプレミアしたSUVコンセプトカー、『EXP 9 F』。同車の市販バージョンは、大幅なデザインの手直しを受ける可能性が出てきた。

これは8日、英国の自動車メディア、『WHAT CAR?』が伝えたもの。ジュネーブモーターショーの会場で同メディアの取材に応じたベントレーの関係者は、EXP 9 Fの市販に際して、大幅なデザイン変更を施す可能性を示唆したという。

EXP 9 Fは、フロントに『ミュルザンヌ』を思わせる大きな丸型ヘッドライトを採用するなど、競合するSUVとは異なる個性の強いデザインが特徴。

ベントレーの関係者は同メディアに対して、「市販版は、もっとトラディショナルなSUVプロポーションになるだろう。ヘッドライトも、もう少し小さくなる」と明かしたという。

なお、このベントレーのSUV、2015年に市販されると見られている。

ベントレーEXP 9 F(ジュネーブモーターショー12) ベントレーEXP 9 F(ジュネーブモーターショー12) ベントレーEXP 9 F(ジュネーブモーターショー12) ベントレーのSUVコンセプトが市販版で大幅なデザイン変更を受ける可能性を示唆した英『WHAT CAR?』