光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》

光岡から限定車として発表された『ガリュークラシックジュエル』と『ビュートジュエル』は、宝石である京都オパールをエンブレムにあしらうというこだわりを持っている。

同社開発課課長兼工場長の青木孝憲さんは、「我々小さいメーカーが、ユーザーに喜んでもらえるのは、真心こめて一台ずつ、そして、色々なこだわりを乗せて丁寧に作ること」とし、「富山で職人が一台ずつ手作りで作っているところがユーザーの共感を得ていると思います」と語る。

そのこだわりのひとつとして、今回京セラが提供する京都オパールを採用した。「光岡のスタッフが、展示会で京都オパールを見て、これは面白いなと感じたのがきっかけです」。

ただしエクステリアに宝石を飾るには苦労もあった。「コンマ2〜3mmのシート状にカットした宝石を使うのですが、非常にもろいのです。そこを、京セラはとても苦労して作ってくれました」と話す。同時に、光岡も「宝石を外装に使って、すぐ白化するかなど、1年間色々テストをしました」と振り返る。

青木さんは、「決してひけらかすわけではなく、はっと気づいて、ああそうなんだと思わせるのがポイントです」と語った。

光岡ガリュークラシックジュエル(手前)と光岡ビュートジュエル(奥)《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》