クビサ(ルノー、2010年F1アブダビGP)

ロータスのトップ、つまりロータスのオーナー企業であるジェニィ・キャピタルのジェラール・ロペスが、長きにわたる彼の不在はF1全体にとって大きな損失だとあらためて語っている。

昨2011年の2月に参加したマイナーラリーでクラッシュし、重傷を負ったクビサは今も療養中で、今年早い時期のF1復帰は絶望視されている。

「チームにとっても、ロバート(クビサ)にとっても、悲しむべき災難でした。彼との契約は今でも生きていると信じているし、シーズンの後半には何とかシートに戻ってもらえるとも思っていました」

ロペスはどうも、フェラーリがらみの動きが不本意な様子だ。

「最近になって、われわれが思ってもいなかったような事態が裏側で進んでいるようです。噂に聞く水面下の動きは、もしかしてマネージメントに強いられての事だったのか……。いずれにしても、われわれのドアはクビサに向いて開いていますし、彼が決してベストではないマシンでもレースに勝つことのできる数少ないドライバーだと今でも信じています」

クビサ(ルノー、2010年F1アブダビGP)