インテグラの“痛車”で参戦するメロンブックスラリーチャレンジ「チーム2011」は、全日本ラリー選手権(JRC)の開幕戦で、JN-3クラス優勝

全日本ラリー2012年シーズンがまもなく開幕する。4月6〜8日のツール・ド・九州を皮切りに全国で9戦が開催される。今シーズンは3チームがイメージガール、レースクイーンを採用、関係者は盛り上がりに期待する。

全日本ラリーはJAF統括下にあり、フォーミュラのフォーミュラ・ニッポン(Fニッポン)、“箱”のSUPER GT(スーパーGT)に相当する格式で、国内ラリーでは最高位となる。WRCなどのFIA公認国際格式と同じく、スペシャルステージ(SS)で速さを競う“SSラリー”であり、4クラスと総合の順位が決められる。三菱『ランサーエボリューション』やスバル『インプレッサ』などが参戦している。

2012年シーズン、レースクイーンを採用するのはメロンブックス・ラリーチャレンジ、クスコジュニアラリーチーム、チームNENC(ネンク)の3チーム。クスコとNENCは今シーズンからの登場だ。またメロンブックスとクスコは、イメージキャラクターを競技車両の外装デザインに採用した“痛車”で、レースクイーンの衣装もそれに準じる。NENCは痛車ではなく、レースクイーンもコスブレではない正統派のレースクイーンとなる。

FニッポンやのSUPER GTのレースでは、ステージイベントやピットウォークでレースクイーンを間近にすることができる。全日本ラリーはそのようなイベントはないものの、競技期間中は、サービスパークが常時(1日24時間)オープンしているので、レースクイーンに会えるチャンスは大きい。

インテグラの“痛車”で参戦するメロンブックスラリーチャレンジ「チーム2011」は、全日本ラリー選手権(JRC)の開幕戦で、JN-3クラス優勝 クスコジュニアラリーチームはプロトン・サトリアネオで参戦する。 クスコジュニアラリーチームはプロトン・サトリアネオで参戦する。 クスコジュニアラリーチームのイメージキャラクター、高崎くす子ちゃん。高崎はチーム本拠地の群馬県高崎市にちなむ。群馬県内のある山の女神。山でラリードライバーと偶然接触したことでチームに遊びにくるようになった。 向かって左から、小池はち(NENC)、まや(NENC)、柳まお(メロンブックス)、船木梨可子(クスコ)、大平志保(クスコ)、前田まみ(クスコ)。