ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12。スウェーデンのケーニグセグ(Koenigsegg)社のブースでは、『アゲーラ』(AGERA)シリーズの2013年モデルがデビューを飾った。

2010年に発表されたアゲーラは、最大出力940ps、最大トルク112kgmを発生する4.7リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するスーパーカー。その高性能版が、『アゲーラR』だ。

アゲーラRは、最大出力を1115ps、最大トルクを122.4kgmへ強化。乾燥重量1330kgの軽量ボディと、7速デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、0-100km/h加速2.9秒という刺激的パフォーマンスを実現していた。

今回デビューしたアゲーラシリーズの2013年モデルでは、エンジンマネージメントの変更やフリクション低減により、最大出力が940psから960psへ向上。アゲーラRでは、1115psから1140psへ、25psのパワーアップを成し遂げた。

この1140psのパワーは、同じくジュネーブモーターショー12で初公開されたブガッティ『ヴェイロン16.4グランスポーツVITESSE』の最大出力1200psに、60ps差まで迫るもの。2013年モデルのアゲーラRのパフォーマンスデータは開示されていないが、ヴェイロンの背中が見えるところまで、接近している可能性がありそうだ。

ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 ケーニグセグ・アゲーラR(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》